--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Dillinger Escape Plan - Irony Is a Dead Scene

2009年04月08日 20:58

41Q74656YAGL__SL500_AA240_.jpg


1. Hollywood Squares
2. Pig Latin
3. When Good Dogs Do Bad Things
4. Come To Daddy


巷では散々騒がれていたのでいまさらって感じですが一応紹介します。アメリカはニュージャージー州出身のカオティックハードコアバンドのThe Dillinger Escape Planより「Irony Is a Dead Scene」です。
今作はマイク・パットンをボーカルとして迎えたことで話題になりましたが、本当にすごいですね、このお方は・・・ これこそ本物の変態だよ。
1曲目からもうぶっ飛んでます。相変わらずドラムはすごいですなー。
フラメンコだったりジャズであったりと様々なサウンドを取り入れたりしていてまさにカオティックなわけですが、それでも散漫になることがなく統一感があるのがすごい。
3曲目でマイク・パットンは神だと認識しました。この人はクリスチャンなんだろうね。これはやばいですよ、まじで。もうなんか全部どうでもよくなりますw
4曲目はあのAphex Twinのカバーらしいです。原曲は聞いたことないけどかっこいいです。Aphex Twinもある意味変態ですね、あのジャケ大好きです。

変態系のバンドはたくさんありますがおそらくこのバンド、というかこのアルバムは最強です。
エクストリームミュージックを求めている方は必聴。こういう音楽を聞いたことがない人でもとりあえず聞いてみてください。きっと新しい何かが見えてくるはずですw



When Good Dogs Do Bad Things


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rokaz.blog17.fc2.com/tb.php/95-f6ed8208
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。