--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Misery Signals - Of Malice and the Magnum Heart

2009年03月03日 19:55

今回紹介するのはアメリカはウィスコンシン州出身のカオティックハードコアバンド、Misery Signalsより「Of Malice and the Magnum Heart」です。
51XjDgR4gdL__SL500_AA240_.jpg

1. A Victim, A Tiger
2. In Response To Stars
3. The Year Summer Ended In June
4. In Summary of What I Am
5. The Stinging Rain
6. Worlds & Dream
7. Murder
8. On Account of an Absence
9. Five Year
10. Difference of Vengeance and Wrongs

かつてこのブログでMisery Signalsの最新アルバムである「Controller」を紹介したんですが今回は1stアルバムです。
このころは相当カオティックですね。メロディアスになった3rdと比べるとかなり攻撃的で、より一層変態です。
それでも叙情派と言われるだけあって、ところどころにエモーショナルなメロディが入ってくると思わずジーンと来たりw
中でもFive Yearはすばらしいです。45秒くらいから神が降臨します。
個人的にはこのアルバムが一番好きです。2ndは1stと3rdを足して2で割ったような感じでしたがどこか中途半端で何が言いたいのかわからずイマイチでした・・・
また、3rdみたいなのを期待していると肩透かしを喰らうかもしれません。実際自分も2ndから入ったので初めは驚きましたが何回も聞いているうちに良さに気づきました。いわゆるスルメ。

なんかこういうジャンルって敬遠されがちですが、変な先入観は取っ払ってとりあえず聞いてみましょうw
そもそもスクリームがだめって人が多いのかな?

Five Year

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rokaz.blog17.fc2.com/tb.php/80-81fa2dfb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。