--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hopesfall-The Satellite Years

2009年02月12日 14:22

おすすめCD第三弾。
untitled.jpg

1. Andromeda
2. Waitress
3. Dead In Magazines
4. Dana Walker
5. Decoys Like Curves
6. A Man Exits
7. Redshift
8. Only The Clouds
9. Escape Pod For Intangibles
10. The Bending

今回紹介するのはノース・カロライナ州出身のニュースクールハードコアバンド"Hopesfall"の2ndアルバムで「The Satellite Years」。
音楽性が変わった挙句、解散してしまいましたね・・・
前作のEPのテーマはたぶん(ぇ「地球」だったのに対して今回はなんと「宇宙」。
大げさだとか言われそうだけど本当に宇宙なんですw
Andromedaはただのイントロにすぎないのですが宇宙に行ってきますって感じです。
Waitressはまさかのハンドクラップ導入。でも全く違和感なし。
幻想的なクリーンボイスが印象的のDead In Magazinesは今作の目玉の一つ。
そして個人的にイチオシであるOnly The Clouds。攻撃的なサウンドで始まり中盤から1曲目を思わせるかのような浮遊感漂いまくりのサウンドに変化し、最後は静かに幕を閉じていく・・・
ラストのThe Bending。最初の1分間の神さは異常です。この期に及んでまた来たか!って感じです。
まあ、こんなレビューで申し訳ないんですが1つ言えることはHopesfallで最高傑作だということです。
叙情派ハードコアの歴史的名盤だといわれている前作にもまったく引けをとっていません。この発想の転換はすごいとしか言いようが無い。
この手のジャンルの中ではかなり聞きやすいから初めての方にもおすすめ。
涙が出てくるというのはこういうことなんだと実感できるはずです。人生においての財産になること間違いなし!

Only The Clouds

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rokaz.blog17.fc2.com/tb.php/69-a9d9dcde
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。