--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Circa Survive-On Letting Go

2009年02月03日 22:16

更新しなくなったとたんアクセス数が落ちるんですね・・・
というわけで(ぉ、無理やり更新するためにもこれからはネタがないときは個人的におすすめなCDを紹介していきたいと思います。素人のレビューなのでその辺はあしからず。ジャンルにとらわれず、古いものから新しいものまで取り上げていこうと思います。

で、第一弾となる今回はCirca Surviveのアルバム「On Letting Go」です。
410IQMhWZsL__SL500_AA240_.jpg
1. Living Together
2. In the Morning and Amazing...
3. Greatest Lie
4. Difference Between Medicine and Poison Is in the Dose
5. Mandala
6. Travel Hymn
7. Semi Constructive Criticism
8. Kicking Your Crosses Down
9. On Letting Go
10. Carry Us Away
11. Close Your Eyes to See
12. Your Friends Are Gone

Circa SurviveはSaosinの元ボーカルで有名なAnthony Greenがボーカルとして活躍するバンドで、このほかにもギタリストにはthis day forward、ベースにはTAKENの元メンバーが参加しています。
そして、今回紹介するのは2ndアルバムで僕が初めて聞いたのもこの2ndです。
音はというと上で挙げた三つのバンドのどれにも入りませんね。
あえていうならSaosinに近いですが、かなり物寂しい感じです。風景にたとえると秋の晴れた日に枯葉が舞っているのをみて冬が近いなと感じるような・・・、よくわかりませんねw
とにかく哀愁に満ちています。ギターの音がそれを物語っています。元バンドにあったようなシャウトはないです。
特にいいと思ったのは7曲目ですね。アルバム中でも特に攻撃的な曲ですがAnthonyの寂しげな声と、これまた寂しげなギターが気持ちいいほどに混ざり合っています。どこか懐かしさを感じました。
個人的にはSaosinよりこっちのほうが好きです。この手のバンドはたくさんあるけど、こういう寂しげなサウンドは初めてでした。決め手はギターの音ですね、かなりツボです。
ジャケもいいしこれはおすすめ。

Semi Constructive Criticism

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rokaz.blog17.fc2.com/tb.php/65-006238ae
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。