--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったよ!

2010年03月02日 19:24

ようやく仮免受かりました!
発進時から早々ハンドブレーキを下げ忘れるというアクシデントに見舞われましたがなんとか無事に検定を終えることができました。
近々路上に出るそうですがなんか緊張しますね。教習所の周辺に国道1号線があったりと交通量も多いので下手な運転は許されません。安全運転を心がけます。



で、またかって思われるかもしれませんが最近自分にパワーメタルブームが来てます。飽きてはまたハマるという繰り返しですがね汗
どうでもいいことですが僕がこっち方面の音楽(くさくて早い系の)にのめりこむようになった軌跡?でも書いておきます。興味のある方は読んでいただけると嬉しいですw

そもそも僕は親の影響でRainbowを聞いたのが最初だったんですが、その当時は60~80年代のハードロックしか聞いたことがなくまだああいう音楽を知りませんでした。
そんなある日、amazonを覗いていたらすごく気になるジャケのCDが目に付きました。今までに見たことがないような斬新なジャケだったのです。そうです、Sonata Arcticaの「Silence」です、これがすべての始まりでしたw
気になったものはとりあえず聞いてみるような性格なので、聞いてみたんですが・・・
「なんだこれはっ、美しすぎる」
というのが第一印象でした。かっこいいとか歌詞に共感するとかじゃなくて「美しい」んです。
なんだろう、この大げさすぎるほどの叙情的なメロディー、打ち込みかって思うくらいに安定したドラミング、主張が強い楽器隊の中でも圧倒的な存在感を誇るボーカル・・・
どれを取っても僕のツボでした。
これをきっかけにメタル、というかメロディックスピードメタルにはまってしまったのです。

この出会いによって大きく世界観が変わりました。最近は飽和状態に達したのか前衛的な音楽が流行ってますが(極めてアンダーグラウンドなシーンだと思いますが・・・)彼らのように時代に逆行してクサいメロディーを求め続ける姿勢、最高にかっこいいじゃないですか!
さらにこのジャンルから派生してエクストリームメタルみたいなものも聞くようになったので趣味を広げることもできました。
たった1枚のCDですがそれから得られたものは計り知れないです。

そんな感じで現在の僕に至るわけです。
長文で失礼しました。


おまけです。

実は、僕が新たに全身全霊をこめて押しているバンドが2つあります。
まず一つ目。
そう、Equilibriumです。
聞いていただければ説明する必要もないと思います。「これはっ」って感じですw
巷ではラプソディーの再来など言われているようですが、個人的にはラプソディーをはるかに凌いでいると思います。
どうやったらこんな曲が書けるんだろう・・・
民族的なフレーズは破壊力抜群ですw
デス声おkな方、クラシック音楽が好きな方には是非聞いていただきたいです。


もうひとつ。
Abigail Williamsです。僕も聞いてから知ったんですが、なんとこのバンドはアメリカ発らしいです。ついにアメリカでもこういう音楽が受け入れられ始めたんでしょうね~
Dragon Forceもアメリカで売れているらしいですし。
そしてそして、このAbigail WilliamsのドラマーはなんとEmperorのタリムなんですよ!やけに似ているわけです。
下の曲はアルバムのラストなんですが、曲の後半から鳥肌全開です。
こんな曲を最後の最後に持ってこられたら惚れるに決まってるでしょ><


では、めっちゃ長くなりました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rokaz.blog17.fc2.com/tb.php/323-ec3a88b7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。