--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期ベストを勝手に決める企画

2009年12月31日 10:46

さて、今年も今日で終わりですね。というわけで今年最後の譜面でも・・・ ってのはないです。すみません。。
そこで、特にこれといったネタもないので今年発売されたCDのランキングをつけようみたいな企画を発動させます。
なお、僕は音楽のレビューをする技量は皆無なのであまり期待しないように。あと、狭く浅くしか聞かないため選曲が偏っていることもあるかもしれません。

では早速発表~
邦楽、洋楽別にTop5を決めたいと思います。

まずは邦楽から行きます。

1位:MAGIC - B'z
これはもう圧倒的ですね。昔のB'zが戻ってきましたよ!
雰囲気的にSurviveみたいな感じがしました(Surviveは賛否両論でしたが僕は大好きです!)。とにかくノリがよくキャッチーな曲を並べてきています。たぶん懐かしいって言われているのはこのせいでしょう。
中でもシングルで出ていた「MY LONELY TOWN」がお気に入りです♪
「だれにも言えねぇ 」もいいですね。
今回は何といってもタイアップ曲が多いのでちょっとでもB'zがいいかもって思った方にはめちゃくちゃおすすめです!
よくわかんないけどROCKしてるな~って思います!w
ただ歌詞がちょっと硬いですね。僕はどっちかって言うと昔のアホみたいでチープな(もちろんいい意味で)歌詞のほうが好きなので。

MY LONELY TOWN


2位:just A moment - 凛として時雨
B'zを聞くまでは今期ベストでしたw
メジャーデビューとなった今作ですが、アグレッシブさは全く衰えていません!
#1のハカイヨノユメなんてまさに凛として時雨の音そのものだと思ってます。激しい中にも静があり泣かせてくれますw
それにしても演奏うまいな~

JPOP Xfile


3位:Hymn To The Immortal Wind - mono
泣けます、ただそれだけ。縮尺の長い曲が多いですが、どんどん引き込まれて全く退屈さを感じません。
ポストロックなんてもう飽和状態だと思ってたのでちょっと驚きです。もはやポストロックではないのかな。
Sigur Rosとはまた違った人間味のある美しさがあります。
ところでこれってworld's end girlfriendとのストリップCDなの?

Follow the Map


4位:only my railgun - fripside
アニソン聞いていてこんなにいいと思ったのは久しぶりかも。ボーカルのnaoが脱退してから初のシングルですが、今回のボーカルも良いです!高音パートが多いものの聞いていて痛くない。
とにかくタイアップのonly my railgunは聞いていてとても気持ちいいです。
さらにカップリングがすばらしい。I've臭いです。まあ要はエ○ゲみたいな曲だけどメロディーもきれいだしいい曲です。
小室ファミリーとかavexの曲が好きな人は必聴!!
ちなみにアニメは見たことないです^ ^;
かろうじて禁書目録を2巻まで読んだことがあるだけです。。

only my railgun


5位:Glassy Heaven - ceui
またまたアニメ系の曲ですみません。。
でもこれはいかにもアニソンって感じじゃないので多くの人に聞いてもらいたいです。楽曲はどれもファンタジーだけど透明感があり美しいです。ジャケのイメージそのままです。
同系統のアーティストと一線を画しているのはたぶん歌声です。氷のように冷たく切なげな歌声に僕はやられましたw
大げさかもしれないけど孤高の存在かもしれない・・・

espacio


さて、続いては洋楽編。

1位:The Malediction Fields - Fen
以前もブログで紹介したものです。ブラックメタルとポストロックを見事に融合させることに成功した傑作。
どちらのジャンルも受け付けない方がいそうですが、曲調が絶え間なく変化しプログレッシブな要素も垣間見られるので単調な音楽が苦手な人にも是非聞いてもらいたいです。むしろエモロックに近いなという印象。
ピアノだのアコギだの泣かせられるだけのものを詰め込んできているので弱い方は注意w
僕は3、4曲目で何回死んだのかわかりませんw
下の曲の5:00から死亡確定です。

As Buried Spirits Stir


2位:Skyforger - Amorphis
くっ、臭すぎるww
北欧は裏切りません。
Rhapsodyみたいにイタい臭さではなく、ソナタとかドラフォみたいに速いわけでもなく(どれも愛していますがw)、なんというか民族的なその風土に根付いた人間的な臭さです。
ボーカルもパワフルでいい感じ。
にしてもくさいくさい。どうやったらこんなに臭くなれるのか不思議でしょうがないw
時代に逆行しながらもここまでの音楽を生み出すヨーロッパはやっぱりすごいと思います。

Sampo


3位:The Great Misdirect - Between The Buried And Me
変態変態変態変態へ(ry
超絶テクニカルバンドのBTBAMですが、今回もやってくれました。前作のcolorsがあまりにもすごかったためどうなるのか心配でしたが、さらにテクニカルになって帰ってきました!
あまりにも展開がめまぐるしく散漫になってしまうんじゃないかと思いきや、上手くまとめてくるのがそこらへんのバンドと大きく違う点でしょう。
ジャンル分け不要!とにかく聞くべし!!

Obfuscation


4位:Axe to Fall - converge
言わずと知れたカオティックハードコアの重鎮。
Jane Doeはもちろん衝撃的でした。こんなの音楽じゃないって言いつつも何回も再生している自分が怖かったw
しかし、今作はさらにすごい。ひたすらテンポの速い曲が続きます。さらに録音の環境がよくなったせいかより音がクリアになり、演奏の凄まじさがより明確になりました。ドラムの手数の多さには圧巻です。彼らに限界はないんでしょうか・・・
なんかショックです、Jane Doeに衝撃を受けていた自分が。こんな音楽普通の人じゃできないよ・・・
ハードコアが好きな方は必聴、ストレスを発散したい方にもおすすめします。

Dark Horse


First Temple - Closure in Moscow
ふぅ、ようやく普通の曲が登場。
セイオシンの再来など言われている彼らですが、あんまりそうは思わないかな。だいたいseven yearsに未練たらたらなのは確かにわかりますが、今だってセイオシンは活動しているしちゃんといい曲も作っているわけだから僕はあまりセイオシンと比較をしようとは思いません。
equal visionは裏切りませんね~
Fall of Troyの新作も良かったし、今もっとも注目すべきレーベルかも。
とにかくノリがよく、ちょっと古臭くて、色気もあって最高!
にしても最近オーストラリアがアツいですね。empire of the sunとか結構ツボでした。MGMTが好きな人は聴いてみるといいかもしれません。

Kissing Cousins



いやー、大変だった。。
今年はかなり好きなアルバムが多かったです。
どなたか趣味がかぶりそうな方がいたら絡んでくださいw

長くなりました、以上です。
来年もいい年になりますように!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rokaz.blog17.fc2.com/tb.php/271-3153c669
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。