--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご冥福をお祈りします

2009年09月21日 09:50

今朝からニュースで騒がれていますが、先日群馬県の荒船山で発見された男性の遺体が「クレヨンしんちゃん」の作者である臼井儀人さんであることが確認されました。
大変ショッキングなできごとですがファンの1人としてこういった記事を書かせてもらいます。
クレヨンしんちゃんは小さい頃はもちろんのこと今でもたまに家から単行本を取り出してきて読むくらい好きな漫画です。世間では下品だとか言われていますが、それ以上に子供として学ぶべきこと、例えば命や友達の大切さ、親の苦労などを教えてくれた漫画であったと思います。家庭のあることの幸せなどは大人の方にも共感できるものであったのかもしれません。
それと気になることが一つあります。単行本47巻での徳郎さんの死は作風が変わったなど散々言われていましたが、そのことと今回の臼井さんの死は何か関係があるような気もします。
警察によると足を踏み外したことによる転落死らしいんですが、あの崖から誤って転落するなんてことがあるのでしょうか。もしかしたら臼井さんの身に何か変化がおきて作風が変わったのかもしれません・・・
この一件は大変残念ですが、今までありがとうございました!
そしてご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rokaz.blog17.fc2.com/tb.php/193-2ef63774
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。