--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・フォル・ジュルネ2009

2009年05月04日 09:15

昨日は友人に誘われてゴールデンウィークに毎年開催されているラ・フォル・ジュルネという音楽祭に行ってきました。このイベントは年間を通して世界各地で行われていて日本では毎年ゴールデンウィークにやることになっているんです。そして毎年、祭のテーマというものがあって去年はシューベルト、そして今年はバッハというテーマがあって、この音楽祭はそのテーマの作曲家の曲を中心に演奏するということになっているんです。
今回はいくつかの公演にいったんですがその中でも特に印象的だった、というか良かったのがロシアの民族楽器を使って4人でアンサンブルするという「テレム・カルテット」というアーティスト。これが超絶上手いんだわ。常に速弾きしている状態なんですがその速さが速い速いw アコーディオンみたいなのを弾いているおじさんは失礼ですがいかにもメタルやってますって感じでした。そんなこともあって彼ら4人にメロスピやってましたとか言われてもつい納得してしまいますw
まあ要はそれくらい速かったというわけです。
それと司会の方がなかなか面白かったです。演奏者やカメラマンが正装している中、ただ1人Tシャツ姿の青年がw 今回は司会というより演奏者のコメントの通訳だったんですが、なぜか自分の感想を言ったり、演奏者が一言しゃべっただけなのにそれの20倍くらい司会がしゃべったりとツッコミどころは満載でした。日本語はきれいだったんですけどね。ロシアから留学している方でしょうか、これからもいろいろとがんばってください!
あそこまで楽器ができるようになるとやっぱ楽しいんだろうなー
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rokaz.blog17.fc2.com/tb.php/112-4db41361
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。